日本はいつの間にかハイスキル人材の採用がワースト2位

日本はワースト2位

イギリスの専門機関が2012年から継続的に行っている調査研究に、労働市場に関する7つの項目について0から10までの数値で指標化し、人材の需要と供給の状況を評価・分析するってのがあるらしい。
個人的には、こんなことでも調査対象になるんだなってことに感心するしかないのだけれど、その調査結果を見逃すことはできなかったんだよ。
その理由としては、この調査結果では、日本の人材ミスマッチスコアが、世界ワースト2位っていうのだからさ。
よく自分にこの仕事は合っていないっていう人が多いけれど、実はその通りだった可能性が非常に大きくなったってことが、分かったよ。
特に日本って転職は悪だと決め付けているような人が多いから、例えミスマッチだと感じても我慢してそこに居続けないといけないみたいな雰囲気もあるし。
世界ワースト2位になった要因まで調べてくれるともっと意味のある研究だと思うのだけど、そこまでは流石に無理かもね。
個人や所属している企業や部署にも依るところが大きいから、全てを調べるのは難しいと思うしさ。

なみき
日本人の良さと考えられている我慢強いってのも、時には悪い方向につながるんだなってことかねー。
うーん、考えさせられる。

今後もミスマッチは続きそう

今どの業界でもAI、AIってすごく言っているじゃん?
あとは、データを活用してとか、IoTとかクラウドとか、セキュリティとか。
ちょっと前はそれらってIT業界だけの流行かと思っていたら、ファッション業界も製造業も建設業もとにかくそこら辺を取り入れて、業務効率化とか新たなサービスを打ち出したりしているよね。
だから、AIとかデータ活用とかできる人材ってこれからますます需要が高くなると思うのだけど、そこでもやっぱり人材のミスマッチは起こりそうだよ。
採用する方の企業が人材に求めているスキルと、実際に求職者が持っているスキルが大きく乖離しているのって、採用の時点ではどうしても分かり難いもん。
特に採用する方の企業で、ちゃんとAIとかデータ活用のスキルを持っていない人が多いから、自分たちがやりたいことを具体的に描けていないのが原因だと考えるなー。
そんな人たちが、求職者のスキルを見てみても正しい評価ができるわけないってことだね。

なみき
もしかして、年功序列で大したスキルもないのに管理職になった人が、このミスマッチの原因だったりして?
いやいや、これは大いに可能性があるぞー。

ミスマッチの原因は?

色々とミスマッチが起こる原因を挙げてきて、どれもかなり有力な感じがするけれど、どうかな?
個人的に最大の原因は、企業がコミュニケーション能力とか協調性とかを押し付けていると言わんばかりの状況だと思うんだよね。
協調性を押し付けられて、ミスマッチだと感じても転職するのは悪みたいな風潮にするし。
コミュニケーション能力も大事かもしれないけれど、本当に求めているスキルと比べてどれだけ大事なのかをわかってないよ。
全ての能力を高い状態で持っている人なんて、そもそも転職しようと思わないくらい良い企業で良い待遇を受けているのだからさ。
転職しようと思っている人の中で、どれだけ本当に求めているスキルとマッチするのかを考えないとだって。
昔ながらのコミュニケーションと協調性を重要視する働き方が、いつまでも続かないってのは、GAFAに圧倒されている現状を見れば一目瞭然なのにね。

なみき
本当に求めているスキルを持った人を雇おうとしたら、他のことには多少は目を瞑るくらいしないと、いつまでも人材ミスマッチが続くことを日本企業には理解して欲しい!

転職は悪ではない

で、人材ミスマッチが世界ワースト2位という研究結果になったわけだけど、じゃあこれを受けてどうすればいいのかな?って話になるよね。
対応策としては色々考えられるけれど、ミスマッチだなって感じたら異動だったり、転職して環境を変えることだと思うよ。
ミスマッチと感じる場所にいても、正直良いことないって。
そりゃー、ミスマッチしている場所で働き続けることで新たなスキルを身につけることもできるかもしれないけれど、その可能性は低いし。
それよりは、ちゃんと自分のスキルを探してそこで働いた方が、よっぽど精神衛生的にも良いし、そんなところで働いた方がスキルもよっぽど伸びるしね!
周囲のコミュニケーション能力が大事とか、チームワークやワンチームって言葉を掲げて協調性を押し付けてくる人なんて、無視しちゃっていいって。
我慢することなく悩んだら行動に移して、ミスマッチを感じさせないところで働こうよ〜。
昔みたいに終身雇用みたいな考えはもう圧倒的に古いし、会社名が自分のステータスになるわけでもない時代だしね。
どこで働くかよりも、どう働くかの方が圧倒的に重要だし。

なみき
だから、今日本でも優秀な人は大企業に入社するのではなく、スタートアップ企業に入って本当に自分のやりたいことをやる人が増えているみたいだしね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする