弁当のほっともっと190店閉店について

ほっともっとが190店舗も閉店ってマジ?

誰もが一度は利用したことがあるであろう、持ち帰りお弁当を買うほっともっとについて、かなりショッキングなニュースが舞い込んできたよ。
直営の190店舗を9月以降に閉店するっていうのだから、驚き。
店舗の閉店自体は珍しくないけれど、今回目を引くのはその数だよね。
190だよ、190。

全国にほっともっとは、約2700店舗あって、そのうちの直営店は1/3の約900店舗。
その約2割になる190店舗を閉店するのだから、この数の大きさがただ事ではないのがよくわかると思う。
コンビニでもこの数の店舗を一斉に閉店するといったら驚くけれど、コンビニじゃなくてほっともっとだからね。
これからどこでお弁当を買って、家に持ち帰ればいいのかを悩む人は、かなりの数に上るのは間違いないよ。

あたしの近くのホットモットも長年やっていたのだけれど
突然閉店していてて、まじショック(-_-;)

気になる閉店理由は

閉店するのは仕方ないとしても、今後ほっともっとがどうなるのかを予測する上で、大切なのは閉店理由。
閉店理由は、最近よく聞く人手不足なんだって。
アルバイトや社員が中々集まらず、結果として時給や基本給を今までよりも上げなくてはならず、結果として店舗の運営が苦しくなったんだって。
ほっともっとだけではなく、色々な業界で人手不足が叫ばれているから、こればかりはどうしようもないのかもしれないけど、愛用していた人にとってはかなり驚き。
近所にあったからよく利用していたなどの閉店を惜しむ声が、twitterなどでは多く溢れているみたい。
人手不足が理由となると、これまでと同じようなスタイルでの経営は難しくなるだろうから、今後ほっともっとがどうなるのか見逃せないね。
こんな状況になってもこれまでのスタイルを貫くのか、それとも新たなほっともっとを目指すのかは慎重に行わないと、これまでの固定客も離れていってしまう可能性があるからね。
経営陣としては、ここが正念場のはず。
一利用者として、ほっともっとには期待しています。

赤字額も半端ない

閉店するといっても、それでハイ終わりとならないのは、当たり前のこと。
閉店するのにもお金はかかるってことは、あまり知られていないかもしれないけれど、普通に考えればわかるよね?
そして、190店舗も一気に閉店するのだから、それにかかる費用も半端ないっす。
閉店に伴う関連損失だけで、業績が2億4千万円の黒字から、8億3千万円の赤字に変わるというのだから、マイナス10億だよ!!
この額の赤字を出しても、潰れないのだから、そこは企業の実力かもしれないけれど、いっそ潰した方がいいのではないのか?と思えるような額だし。
そして、1993年に株式の公開以来初めての赤字というのだから、どれだけインパクトがあるのかがわかるはず。
逆にいえば、これまで順調に利益を伸ばしてきた会社でも、これからは何があるのか予測できないってこと。
企業の経営も難しいし、投資も半端なく難しくなってきたのがわかるよね。
安定して配当が受けられるというイメージは、今は昔なんですね。
せちがらい。

閉店店舗で働く人はどうなる?

190店舗の閉店に伴い、リストラを行うってことは全く言ってなかったので、社員は継続して働けるみたい。
本当に良かった。
ただ、閉店するのだから、別の店舗に転勤したりするのは避けられないでしょう。
チェーン店といえども、お店によってやり方が違ったりするから、社員も異動に伴う苦労は避けられないよね。
でも、社員としても働き慣れた会社から転職するのは大変だし、会社としてもこれまで育ててきた社員をみすみす手放すわけにはいかないよね。
経営を立て直す上で絶対に社員の努力が必要だから、リストラはしないんだろうね。

190店舗の閉店は防げなかったのか

同じような持ち帰りのお弁当屋さんはいくつもありますよね?
その会社が全て、今回のほっともっとのように何店舗もまとめて閉店しているかというと、実はそうでもない。
中には人手不足に備えて、多岐にわたる事業内容を利益が上げやすいものに絞って、人手を集中させるということをやっている会社もあるんだよ。
なんで、ほっともっとはそれにもっと早く着手しなかったんだよって言いたいけれど、きっと会社の経営ってそんなに簡単じゃないからね。
特にこれまで赤字を出したことがないような企業だから、中々構造改革できなかったんだと思う。
まぁ、先を完璧に予測できる経営ができる経営者がいたら、見てみたいって話だよね。
だから、ある程度防ごうとしたのだろうけれど、それでもどうしようもなかったって結果だと思いたいな。

今後のお弁当業界はいかに?

以前はコンビニのお弁当ってあんまり美味しくなくて、やっぱり美味しい持ち帰りお弁当といえば、ほっともっとってイメージがあった。
でも、コンビニのお弁当も美味しくなってきたし、スーパーとかもお弁当に力入れてきたしで、競合が増えてきたのは事実。
しかも、パッと買って帰ることができるコンビニに比べて、調理時間を待つ必要があるほっともっとは、デメリットもある。
今後ほっともっとが、どんな経営戦略を組んでいくのかは、見どころだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする