ハローワークに「就職氷河期世代限定」の求人募集がスタート

就職氷河期世代とは

就職氷河期世代って言葉知ってる?
社会的に就職難が続いた、1990年台半ばから、2000年台前半に社会人になった世代のことを指すんだよ!
年齢的には、今40歳前後になるよ。
この言葉自体は、リクルートが出版している就職ジャーナルって雑誌で作った言葉で、流行語大賞で審査員特別賞を受賞したこともあるんだってー。
有効求人倍率は1を下回り、新卒者はすごーく難しい就職活動を強いられたから、フリーターや派遣労働などの非正規雇用者が続出していて、今でも解決できていない社会問題にもなっているよね。
非正規雇用だと社会保険がないから厳しいけど、それでもそうすることしかできなかった人もいるから、何とも言えないよね。

法律の運用を緩和!!

これまでって、企業は求人を出す際に年齢制限を設けることって禁止していたんだって。
企業としては大体これくらいの年齢の人が欲しいっていうのはあったとしても、それを求人に載せられないって難しいよね。
範囲外の年齢の人の求人を受け付けたり、一応履歴書だって見ないといけないし、手間が増えるよね。
でも、年齢にかかわりなく均等に機会を与えないといけないと言う理由で、求人票は年齢不問って形にしているんだってさ。
ちなみに、年齢を理由に書類選考や面接でお見送りすることもダメだから、本当は年齢がお見送りの理由でも違う理由を言わなきゃいけないから、それはそれで面倒だよね。
こんな法律があったのだけど、これが緩和されたのね。
撤廃じゃなくて、緩和。
色々な求人サイトが今はいっぱいあるけれど、年齢を限定して求人を載せていいのは、ハローワークだけなんだって。
まぁ、でもこれってかなりの進歩だよね。
絶対効果あるから、ハローワークだけに留まらず、色々な求人サイトとかでもできるようになればいいのになー。

就職氷河期世代限定の求人

就職氷河期世代のことと、求人の年齢については理解したよね?
で、政府は就職氷河期世代の正規雇用を3年間で30万人増やす方針を示し、ハローワークに就職氷河期世代に限定した求人を認めるってことになったんだよ。
具体的には、直近の1年間正社員としての雇用がない人、非正規雇用の経験が多く安定した就労の機会が乏しい人などを採用するためならば、っていう条件もあるんだって。
まさに就職氷河期世代のための施策だよね。
本当に就職氷河期世代には、非正規雇用の人が多いから、めっちゃ効果ありそう。
他にも、就職氷河期世代のための専門の窓口をハローワークに設置するみたい。
こちらも合わせて効果ありそう!!
この施策のおかげで、雇用が安定すると、みんなハッピーだよ。

実はもう一つある氷河期世代

実は就職氷河期世代って、1つじゃないんだって〜。
2010年から2013年に卒業した人も就職氷河期世代って言われているんだよ。
何でこの時期が就職氷河期世代になったのかわかるかな?
リーマンショックだよ、リーマンショック。
この世代は内定取り消しが問題になったんだよね。
他にも就職できずに就職留年する学生も多くなり、大学院に進学する人も多くなったんだって。
就職に苦労しているのが、これらのことからよくわかるよね。
でも、さすがに最初の就職氷河期世代に比べると、就職率や求人数、求人倍率は高かったから、実はそこまで氷河期ではなかったと言う見方もあるみたい。

もう一つの氷河期世代への対策は?

最初の就職氷河期世代への対策がようやく行われるけど、その後の氷河期世代への対策はないみたいだね。
何となく中途半端な感じがしちゃうよね。
やるなら徹底的にやったほうがいいのにね。
でもまぁ、きっと絶対数の多さや今が売り手市場だから、後の氷河期世代は何とかなるのではないか?という試算なのかもね。
今は本当に売り手市場みたいで、新卒の学生を採用するのは、本当に苦労するって聞くよね。

緩和の効果はあるのか?

素人目には年齢の記載を設けることは、かなり効果がありそうに思えるのだけど、実際はどうなのかな?
始めてみないことには何とも言えないけど、やや否定的な意見もあるみたい。
もともとハローワークに出ている求人は、正直待遇がいいってわけではないからさ。
求人票に書いてあった内容と、実際に働き出した時の実態が全く違うと言う場合も、少なからずあるみたいだし。
となると、効果は薄そうに思えてくるな。
でも、普通に考えれば、わざわざこれまで正規雇用での経験がないような人を雇うわけだから、待遇なんてあるわけないでしょ。
就職氷河期で非正規雇用とかで働いていたいとからしてみたら、もっと待遇をよくしろって思うだろうけれど、正規雇用になるだけでもありがたいくらいに思わないとかもね。
厳しいかもだけど、やっぱり非正規雇用と正規雇用だと責任も全然違うから、まずは悪い待遇でもちゃんと正規雇用で働くと言う目標を達成することが重要だよね。
その目標達成のためには、効果あると思うんだけどなー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする