香港デモ200万人すごいね

日本でもニュースになった「香港デモ」

SNSでリアルタイムでこの騒動を見ていて、いろいろ気になったので書こうと思う。

日本ではデモとかストライキとかってあんまり縁がないというか「遠い国のこと」って思う人多いと思うし、私もそうだった。

でも、アジア圏のすぐ近く「香港」でこんな大規模デモが起こって「この人たちは一体何を訴えてるの」と気になったの。

それに日本のニュースでは「市民が暴徒化し〜」って報道されたけど、ネットに上がってるデモ隊側から撮られた動画とか見てると、どうも違う気もして。

総括?というと違うのかもしれないけど、自分なりに思ったことを以下に書いておく。

香港デモ、なんで起こった?

日本でこのニュースを見た時「なんでこんなことになってるん?」と思った。

あの若い子達は何を必死に訴えてるの?って。

だから、細かく掘り下げてみてみようと思う。

香港の抱える事情とは

あそこに集った若者たちが訴えていたのは「中国本土への容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例・改正案の可決阻止

香港の容疑者を、中国本土に引き渡すってどういうこと?って思うよね。

私もなんでそんなことが必要なのか全くわからなくって戸惑った。

香港ってね、「中華人民共和国・香港特別行政区」っていう区分なの。

香港は中国の一部なんだけど外交・国防以外では高い自治性を維持してるんだよね。

社会主義の中国の中に民主主義の香港がある、といえば伝わりやすいかな?

香港に住む人たちには「中国人」の意識もないし、中国ではご法度の天安門事件とかの追悼もできるの。

中国国内って天安門事件のアレコレ然りで色々なものが制限・統制されてるんだけど、香港には自由がある。とかね。

でも、そういうのもちょっとづつ減退してきている実態があって。

香港の政治のトップなんかも、中国寄りで構成されちゃってる。

そういう状況を憂いた香港の若い人の中では、中国から独立した方がいいって考えも広まってる。

中国からしたら、こういのってすごく迷惑というか・・・。

中国側は「香港はうちの一部」みたいな考えだからさ。

「逃亡者条例の改正」とは

でね、なんでこの「逃亡者条例の改正案」に抗議の声が上がったかっていうことなんだけど。

香港ってアメリカを筆頭に世界20カ国と犯罪者引き渡し協定ってのを結んでるんだけど「中国・マカオ・台湾」とは結んでないの。

だから、香港の人たちはこの改正案が通ってしまうと「香港は他の中国都市と同じ」になるって危機感を持ってるわけ。

中国ってね、日本や香港と違って「拷問とか拘束OK」だし「冤罪だろうとなんだろうと捕まえることができちゃう」世界なのね。

だから、これがまかり通ったら、

中国政府の気に入らない人が簡単に捕まって中国司法で裁かれる

みたいな事になりかねないんだよ。

日本人だって、関係ないことじゃないんだよ。

この改正案は「香港にいる外国人」にも適用されちゃうからね。

中国には「政権転覆扇動罪」っていう有名な罪があって、なにか騒ぎを起こしたらすぐこれが適用されちゃうんだよ。

だから、香港の若者を中心に「香港にいる人の人権と自由を守るため」のデモが起こったわけ。

市民が暴徒化?警察が暴行?割れたメディア

香港のデモ隊を日本のメディアは「デモ隊の一部が暴徒化」って報道してたんだけど。

ドイツのメディアは「警察側が市民に暴行」って報道してて。

私個人がSNSでデモの様子をみてる限り、警察側が一歩的に暴行というか危害を加えているように思ったの。

デモ隊はメガネにヘルメット、腕にサランラップを巻いていて。

なんのため?かと思ったら警察側の催涙ガスに対抗するための装備だって。

「声を上げているだけの香港市民」に催涙ガスって、警察のすることなの・・・。

一部報道では警察側はゴム弾まで持ち出してたみたいで、多くの負傷者はデモ隊から出たんだよ。

どう考えたって、ドイツメディアの報道が正しいと思うよ・・。

香港の若者が訴えていること

このデモね、200万人集まったとか言われていて。

この数字自体はいろんなところが異なった発表をしてるからアレなんだけど、香港の人口が800万人ってことを考えるとすごく多く人が「未来の香港」を守るために行動したんだよね。

デモ隊は、警察から催涙ガスとかの攻撃を受けるまでは「各々のメッセージを掲げているだけ」だったんだよ。

ゴミを回収し、お菓子なんかを配ってすごく統率が取れていた。

催涙ガスが確認されてからはすぐに対策のマスクを配ったりもしてて。

そういう人たちが、大きな通りを埋め尽くすくらい「抗議の黒Tシャツ」を着て「民主主義の香港」であり続けるために訴えたんだよ。

6月10日には日本で香港の若者が記者会見も行われた。

「改正案が通ってしまったら、デモ参加しただけで拘束・中国への引き渡し対象になる可能性がある」って話して。

最後には、

「香港人だけではなく、香港に来る全ての日本人の安全に影響する」って指摘してた。

「香港を中国にはしたくない」っていうのが、あのデモの真髄かなと思った。

まとめ

私個人、中国にはあまりいい印象はないんだよね。

特別香港に思い入れがあるわけでもないけれど、この「逃亡犯条例・改正案」が異常というのはよくわかったし香港の人たちが危機感を募らせた結果だというのも理解できるし。

すぐには解決しない話だと思うし、中国は絶対に意見を曲げないとも思う。

でも、高い自治性をもつ香港が、このまま中国の言いなりになっていい訳がないとも思ったわけで。

若い世代の決死の行動が、良い結果につながって欲しいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする