老後資金2000万円問題 年金だけでは足りないという麻生氏の発言

発言がたびたび炎上する麻生さんの「老後資金足りないよ発言」

いろいろ気になったから報告書とやらもいろいろ調べてみた。

個人の考えをまとめただけのものだけど、まあ書いておこうかな。

事の発端は?

そもそも、この件の発端は金融庁の報告書なんだよね。

金融庁の報告書において「無職の高齢者夫婦の平均的なケースで試算すると年金収入では月5万ほど赤字になるため、総額2000万不足する事態になる」っていうことが飛び出したから。

人生100年時代になって、退職金は減るし今後の年金も減ってくからってことらしいけど。

そこに麻生さんの発言ね。

麻生さんとしては「豊かな老後を送るためには上手な資産形成も必要ですよ」的な意味合いだったらしいけど。

まあ、野党から反発が出てるのは「100年安心は嘘かよ!」っていういつもの揚げ足取りというか。

与党の揚げ足取りばっかしてないで「100年安心にするためにこうします!」って言えよーと思わなくもないけど。

情報の出所は金融庁

これ、私が1番キナ臭いなーって思ったのは「年金のことなのに出所は金融庁」って事なんだよ。

年金の管轄は金融庁じゃないのになんで我が物顔で報告書だしてるのかなって。

だって、年金についてアレコレ考えたりするのって厚生労働省でしょ。

厚生労働省が纏めた報告書ならともかく、なんで畑違いの金融庁が?

しかも、報告書の最後が「資産形成してね」って事書いてあるんだよ。

若いうちからいろいろとやっとくと老後に足りなくなる(だろう)2000万も安心だよって。

そういうことしなくてもいいはずの仕組みが年金だったと思うんだけど・・・って思わなくもないんだけどさ。

金融庁が言いたいことってつまり「いろいろ不安じゃん?iDeCoとかそういうのやってみない??」って事じゃないの?

めっちゃ深刻なテイスト装ってるけど営業トークじゃない?

まあ、厚生労働省がなんも言わないから本当のところどうなのかはわからない。

この報告書が正しくて、本当に2000万足りなくなるのかもしれない。

でも、そうならそうで管轄してるところがそう言わなくちゃダメじゃない?

少なくとも、これは最低のケースだと思うんだよ。

金融庁の言いたいことも分かるけどね。

リスクも少なくて、先の見えない将来のために備えることができる仕組みがあるよ。使ってね。って言いたいんだろうけど。

2000万不足っていうインパクトのある部分だけが先行しすぎた感もあるけど。

それくらい、国民が不安に思ってるってことだから。

年金システムが、少子高齢化の社会でもうそろそろいい加減に限界だってことにも薄々は気づいてるしね。

そこに「ほら!足りないよ!」って政府省庁から報告書が上がったなんてニュースになったらそりゃ炎上だよ。

報告書は全部読むと「長期の資産形成を促す」形なんだけど、そんな部分はニュースにはならないしね。

足りない、年金終わった、みたいなところだけがどんどんクローズアップされてったんだもん。

iDeCoもつみたてNISAもいいシステムだとは思うけどね。

売り込み方これじゃなくてもよくない?っていう。そこだよね。

金融庁が勧める「iDeCo」「つみたてNISA」とは

そんな金融庁が報告書全体を通して推しまくってる「長期の資産形成」のための2大巨頭についてもちょっと触れておくね。

金融庁についてすごい嫌いな人みたいになってるけど、この仕組みはいいものだと思ってるんだよ?

気になった方は近くの銀行とかでも教えてくれるよ。

①iDeCoとは

iDeCoてのは確定拠出年金のこと。私的年金ともいうかな。

毎月一定の金額(掛け金)を出して、それで金融商品(投資信託とかね)を運用して60歳以降に受け取るってやつ。

もちろん、運用によっては掛け金よりも受け取れる金額が少なくなるかもしれないっていうリスクもある。

でも、逆に言えばもらえる金額を大きく増やすことも可能なの。

で、1番のメリットは掛け金が「所得控除」されて税金が戻ってくることかな。

あとは、運用中に得た利益にも税金がかからない。

税金が引かれないから、そのまま運用資金にできるってわけ。

他にも細々とあるけれどとりあえずはこんな感じで。

気になる人は「iDeCo メリット」とかでググってみてね。

②つみたてNISAとは

次はつみたてNISAについてね。

NISAとの違いとか、どっちがいい悪いとかは各自ググってほしい。

つみたてNISA最大のメリットはなんといっても投資によって得た売却益が非課税ってこと。

10万円の利益が出ても、今の日本だと税金がかかって8万くらいになっちゃうけどつみたてNISAなら10万丸々手に入るの。

非課税期間が長くて「リスク分散」だから初心者でも平気だよっていうのがウリだね。

こんな素晴らしい商品がありますよーって売り込むならもっとマシな方法にして欲しかったよ・・・。

何回も書いてるけど報告書のせいで金融庁がセコく見えちゃって、なんだかなあって感じ。

若い世代は年金を諦めている?

今回のことでいろいろ調べててふと感じたのは、バリバリ働いて頑張ってる若手世代は年金に希望を持ってないらしいってこと。

自分たちは年金貰えると思っていない(思えない)、という方が正しいかな。

「将来きっともらえないのに、上の世代の年金のために払わなくちゃいけないなんて」ってね。

年金制度自体が子供が多かった時のものだから「生まれてくる子供が大人より少ない」世界ではうまく運用できないんだよね。

今年金をもらってる人たちですら足りないかもとか言われてたら、そりゃ働き盛りの世代なんて「貰える気すらしません」ってなるか・・。

毎月のお給料から決して安くない金額が控除されてるのにそれは悲しいよね。

若い世代にとことん優しくない国だよ・・・。

その人たちが足りなくなる金額なんて、2000万どころの騒ぎじゃないんだろうなあ・・・。

まとめ

年金を信じてきた世代にはびっくりなことだったと思うけど、限界がきてるのは確かよね。

金融庁のやり方はいやだけど。

それでも、なんとかしないといけないことに変わりはないんだから。

ヤジばっか飛ばしてないで政治家さん、もっとちゃんと議論してくださーい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする