「アンチ・グレタ」ドイツの19歳少女活動家

アンチ・グレタが登場!

一時期毎日のように、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんをテレビ局は取り上げていたよね。
最近はぱったりと見なくなったから、テレビ局も飽きたんだろうね。

そんなテレビ局に朗報だよ!
自ら「アンチ・グレタ」を名乗るドイツの少女活動家ナオミ・ザイブトさんが出てきたよ!
これでまたグレタさんにも注目が集まるだろうし、二人の対立を取り上げればネタには困らないね!
でも、主張している内容は、圧倒的にナオミさんの方が筋が通っている気がするんだよね。
グレタさんの主張に対して、過剰すぎるってみんなが思っていることを代弁してくれているよ。
確かに気候変動は重要な問題かもしれないけれど、主なエネルギー源である化石燃料を使うことで多大な恩恵を受けていることを、グレタさんは全く考慮していないからね。
自分が国際イベントのために船や鉄道で移動できたり、自分の活動をインターネットを使ってアピールできていることを全く無視しての発言だもん。
だから、ナオミさんの方が現実を直視できているって感じだね。

なみき
一度討論とかしてくれないかなー、最後の方にグレタさんが感情的になってブチ切れている図が容易に想像できるのだけどwww

ナオミさんはどんな人?

で、このナオミさんは「気候リアリスト」って名乗っているんだって。
環境活動家と名乗るグレタさんへの対抗心が、めっちゃ表れているのには突っ込まないでおこう。
しかも、ナオミさんは自身のYouTubeチャンネルを開設していて、そこで気候変動による問題を訴えているグレタさんのような活動家やメディアへ疑問を訴えているんだってさ。
そんな活動に対して、「一部のジャーナリストと科学者の『人類の活動や二酸化炭素が気候変動を引き起こして地球を破壊しているため、若者に未来はなく動物たちは死んでしまう』という考え方は大げさすぎる」と主張している研究所が目をつけて、今やナオミさんは研究所職員!
更にその研究所を通じて、トランプ大統領やペンス副大統領の前で演説するというのだから、かなり早い出世だね〜。

グレタさんが一人で母国の国会前で座り込みをしていたのと比べると、有名になるまでの経歴にかなり差があるよね。
まぁ、なんでもかんでも批判する人よりも、現実を受け入れた上でこれからどうするのかを考える人の方が、よっぽど建設的だからね。

なみき
少し年齢も上なのかな?言っていることが理論的で、感情的なグレタさんに比べると、すんなりと理解できるよ。

2人とも大人のおもちゃ?

グレタさんって登場した当初はまともなことを言っているようにも見えたけれど、結局は偏った考えで活動しているのがバレちゃったよね。
大都市のような二酸化炭素排出を削減する余地がないような場所で活動するけれど、世界の石炭消費量の半分を占める中国では一切活動しないからね。
どんな時でも全く中国には触れないから、これはおかしいな?って感じない?
だから、中国企業とかがスポンサーにいて、スポンサーが不利になるようなことは言わないんじゃないかって考えるんだよ。
同じようにこのナオミさんも、所属している研究上の広告塔みたいな感じなんじゃないかな?
だって、何の実績も研究結果も持たないような人をわざわざ雇い入れる目的って、それしかないもん。
研究所が面白がって、グレタさんの対抗馬的な人を用意しただけな気がするんだよね、例え言っていることがまともだとしても。
2人の意見を足して2で割るのが、主義主張としてはちょうどいいかもしれないけれど、戦うなら極論同士の方がおもしろいからねー。

なみき
マジで一度見ていたいよ、この2人の討論。
最後には取っ組み合いをして、泣いているかもしれないけどさ。

結局はどっちもどっち

ナオミさんの方が言っていることはまともだけれど、アンチ・グレタと名乗っているだけで、なんかもう残念だよ。
グレタさんをそんなに意識せずに主張していれば全然普通なのに、グレタさんを意識していたらもはや芸の一種としか思えないからね。

その内世界各国から次々と少女活動家が出てきて、グレタさん派かナオミさん派かに分かれて、戦いそうだな。
それこそがナオミさんのスポンサーが狙っていることとか?
日本のテレビ局も、視聴率が取れそうなネタが出てくるから大歓迎だろうな。
またグレタさんやナオミさんがテレビをはじめとする各種メディアに取り上げられたら、こんな意見もあるなくらいに思っていればいいと思うよ。
色々な人がいて、色々な考え方があるのは間違いないから、一方だけの意見だけ聞いて判断するのは良くないからさ。
色々な意見を聞いて、その上でどちらの意見が良いとか悪いかと自分で判断できるようになるのが、一番良いことだよ。
この2人のように、大人のおもちゃになって変な活動をするのが、一番悪いってことに気づくべきでしょ。
まぁ、一つ確実に言えるのは、19歳の少女活動家ってナオミさんを紹介しているけれど、19歳はもう少女じゃないってことだね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする