戦争発言で問題となっている丸山穂高衆議院議員について私が思うこと

一躍(よくない意味で)有名人になっちゃった系議員がまた出たね・・。

しかも、このご時世に「戦争発言」!

最初は高度な煽りなのかと思った。

だって、議員さんって国民の代表じゃん?

それがまあなんということでしょう・・って感じ。

ということで、今回の件を総ざらいしつつ、個人的に思うことを。

ことの発端について

まずは、この件の概要とかそういうのから。

国後島への「ビザなし渡航」っていうのに参加してた丸山穂高議員が元島民の代表に対し「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と発言。

で、丸山穂高議員は「議員の代表」っていう立場で参加してたから、大炎上。

国後島っていうのはロシアと日本でめちゃくちゃセンシティブな問題である北方領土。

そういう問題を解決するために話し合う立場の議員が、めちゃくちゃ気を使うべきところでそんな発言したもんだからそりゃあもう・・・火を見るよりも明らかなこの現状ってわけ。

日本国内の失言とはわけが違って、ロシア(外国)が絡んでるからなおのこと・・・。

国後島は日本の認識では「日本領」だから、パスポートじゃなくて「専用の身分証明書」と「必要書類」を持っていくのね?

で、ロシアの方だとそれを持っていれば「パスポート持ってる」ことにしてるわけ。

そういうデリケートな場所で「戦争」なんて発言したら・・・。

ロシアでは「戦争扇動発言」は禁止されていて逮捕・起訴されちゃう。

これ、発言した場所がまずかったら「逮捕・起訴」になりかねないし、そうなったらビザなし交流制度は泡と消え、ちょっとずつ歩み寄ろうとしてる北方領土の交渉もストップしちゃう。

そういう危険すら孕んだ発言なんだよね。

発言内容がサイッテーなことはもちろん炎上原因だけど、「今までの努力」と「これからへの希望」まで潰しかねないってことでここまで大きい騒ぎになった、っていう感じかな。

丸山穂高議員って何者やねん

じゃあ、そんな大炎上の最中にいる丸山穂高議員ってのは何者かっていうと。

東京大学・経済学部 卒業後に経済産業省勤務

松下政経塾に在塾後、日本維新の会大阪府の支部長就任

第46回衆議院選挙にて初当選

おおさか維新の会に参加し、政務調査副部長、国会対策副委員長に就任

現在衆議院3期目、という華やかな経歴の持ち主。

若手のホープ、みたいな位置付けだったのかなあ。

頭の固いおじいちゃん議員ばっかなのも困るけど、若い力とか発想力とか欲しいけど。

その結果がこれじゃあねえ・・・。

炎上、物議を醸してる一連の発言もそうだけど何よりドン引きしちゃったのは

2015年にお酒が絡んだトラブルがあり、禁酒宣言をした

しかし、

この一連の発言は飲酒した状態で発せられた」っていうこと。

おいおい。

過去からなんも学んでないやないかーいっていう。

まあ、過去のいくつかの発言から、

戦争に対する肯定的な思考は持っているのかなという印象なので、あの場でなくとも「戦争発言」してたのかもしれないけど。

なんであの場にあんな馬鹿がいたの?

そもそも、このニュース見て1番最初に感じたのは「なんでそんな考え(戦争肯定)を持ってる(ことを伺わせる発言が過去にある)丸山穂高議員がその場にいたの?」ってことだったの。

他に行ける人いなかったの?って。

おおさか維新の会って他にも議員さんいるでしょう?

なんであえて丸山穂高議員だったのかなあ・・。

内側からの評価は高かったのかな。まさかこんな発言するなんて、とか思ってんのかな。

議員さんがビザなし渡航するってのは「現状を把握する」とか「元島民の気持ちを直接聞く」とかそういうののためでしょ?

自分が行く意味を見出せない人を選んじゃったんだから、党にも責任感じて欲しいところだよね。

除名処分ってことになったけど議員は辞めないあたり、本人の中では悪いこと言ったっていう意識は無さそうだし。

芋づる式にわかったことにはなるけど「単独行動が認められていない」中で「何度も外出を試みて関係者に止められていた」なーんてことまで出てきてる。

自分がどういう立場でそこにいるのか理解できる人ならしないことだもんね。

国民が議員さんに求めること

この人のこといろいろ調べて書いてきたけど、すごい疲れるわ・・・。

そもそも国民が議員さんに求めてることってそんなに多くないわけで。

つまり「より良い国にしてください」ってのが根本にあるのよ。

その手立てとして「公約」とか「党の戦略」とかで判断して1票入れる。

丸山穂高議員が議員さんになれたのはそうやって1票いれた人たちがいたから。

その人たちに約束したことは守らなくちゃいけないし、議員さんになった以上は日本にとってプラスになることをしてくれないとさ。

ロシアだってこの発言を本気の戦争宣言だなんて思ってないと思うけど、交渉の場で使われる可能性とかもあって、それってつまり今後の「北方領土問題」を左右しかねないのよね。

議員さんなら「これまでの政治的な努力」とか「今後の希望」とかも慮って口を開いてもらわないと。

そういうことができる人っていうのが議員さんの最低条件だと思うんだよね。

だって、国のことを考える仕事なんだからさ。

まとめ

丸山穂高議員には反省して欲しいし、そもそも議員さんとしていろいろ欠けてる部分があると思うからそういうのを理解できるようになって欲しい。

でも、政治家の不適切発言ってこれまでにもいろいろあったんだからみんなもっと学んでくれよ。

発言内容に違いはあれど、口を開く前に考えることができない人はなるべきじゃないよ・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする