嫌韓意識の背景は『日本よりも下』西日本新聞の斜め上をいく見出し

西日本新聞で斜め上をいく見出しが

西日本新聞というあまり聞きなれない新聞で、かなり驚きの見出しの記事が出たんだよね。
驚きというか、呆れるというか、この記事を書いた人の感情が、イマイチ理解できないというか。
どうしたら、この記事を書こうと思ったのか、是非とも聞いてみたいよ。
で、そのタイトルが、”嫌韓意識の背景は、かつて『日本よりも下』だった国を見下したいから”ってわけ。
最近色々な雑誌で嫌韓を煽るような記事のターゲットは、中高年の日本人男性らしいよ。
どうしてターゲットがそこになったかっていうと、その層はアジアの中で日本が圧倒的な経済大国というプライドをもっていたけれど、今や中国に抜かされている。
だから、優越感を味わうために、かつて日本よりも下だった韓国を敵視して見下す記事を読むことで溜飲を下げるらしく、そんな記事が今は連発されているという分析らしい。
うん、意味がわからない。
かつて日本もよりも下だったっていうけど、今も下じゃん。
そんなところを見下して溜飲を下げるって、なくない?
それなら、高度経済成長期で抜かして、今も日本よりも下の国を見下せばよくない?
まるで今は韓国が日本の上をいっているかのような言い方だよ。
いやー、すごい斜め上をいってるな。

外交にまで口出し

今の日本を支えている年齢層の男性をバカにしただけでなく、今度は日本の外交を支えている外交官までダメ出しだよ。
外交官の陰が薄いとか、総合的な視野に基づいて外交判断がなされていないとか、韓国への対抗というナショナリズムが先行しているとか。
もうね、指摘が的外れというか、明らかにこの発言自体が日本を見下して、韓国を上げている感じ。
記事を書いた人の素性が知れるよねって感じ。
ナショナリズムが先行しているのは、どっちだよって言いたいよね?
どうしても韓国寄りの記事を書きたくて、もう現実逃避しているんじゃないのかな?
それとも、私が生きている世界と、この記事を書いている人の世界って、実は別なのかな?
著者は、ラノベのように異世界から来たとか?
それなら理解でき、、、ないな。
そもそもにして、きちんとした国と国との約束を守らないことが発端で、それを引き起こしているのが韓国の反日政策なんでしょうが。
約束を守らない国を、下に見て何が悪いのかな?

過去を見習えと最後まで上から目線

記事の最後には、1998年に日本と韓国の両首脳が署名した共同宣言に立ち返れと、またもや上から目線。
この時は、両首脳がお互いを尊重する心を持っていたから、この共同宣言は成立したらしいよ。
お互い色々問題があったけど、それでも成立したのは、忍耐と寛容のおかげなんだって。
まぁ、この時はまだ忍耐が続いたかもしれないけど、いつまでも日本が寛容な精神で我慢していると思ったら、大間違いでしょ!?
それくらいのことを、長い時間平気でしていたってことに気付かないんだから、同じ人間とは思えないような?

この記者の経歴がすごい

この記事を書いた人って、どこかの新聞社に所属している記者さん?
それともフリーのライター?
フリーのライターとかだったら、自分が書いた記事が多くの人に読まれたいから、扇情的な見出しなのもちょっと納得するよね。
でもね、この記事を書いた人って、東大の教授らしいっす。
信じられる?
教授って、こんな片方に寄った発言ってするんだなーってのが驚き。
あとは、勉強やりすぎてちょっとおかしな方向に迷っちゃったのかな?って心配したくなる。
日本見下しブースト、韓国素晴らしいブーストが、絶対にかかっているよ。
このブーストを解いてあげる魔法ってないのかな、ないのだろうな。

発想自体が韓国っぽい

どっちが上か下かとか、自分達にだけ都合が良い物の見方とかって、正に韓国のそれだよね。
日本は、ここまで極端な考え方とかしないもん。
大体、世の中年男性が日本の国家的地位について、誰かを見下すほどに悩むなんてありえないし。
普通に働いている中年男性なら、ちゃんと日本の国家的地位を理解しているでしょ。
理解していないのは、年がら年中自分の部屋に閉じこもって好きなことに没頭しているだけの人だけだって。
今でも十分日本は経済大国だし、見下す相手がいないとダメなほとに落ちぶれてもいないっしょ。
更に言えば、見下すと嫌うは違うからね。
今は、明らかに”嫌う”だし。

なぜ日本にだけスポットライトをあてるの?

この手の記事を書くメディアって、日本にだけ注目して悪く書くよね。
少しくらい韓国の悪いところにも注目してみては?
過去どんなことを日本にしてきているかとかさー。
例えば、文化的なものの窃盗や傷をつける事件を、どれだけ韓国人が犯したのかには全く触れず。
まるで、韓国ってすばらしい、まるで神のような国!!みたいな感じだよ。
一つだけ間違いないのは、この記事を書くことでこの記者が、中年日本人男性の何倍も溜飲を下げて、プライドを維持できたろうね、
一人でも誰かのためになった記事なら、書いた意義があったね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする