賃貸でも、持ち家でもない選択肢「アドレスホッパー」について

賃貸持ち家論争に割って入る第3の選択肢

よく賃貸の方がいいか、持ち家の方がいいかって論争をネットでも、実生活でも聞くよね?
賃貸は家賃を払っても自分の資産とならないから無駄使いとか、持ち家はローン払って自分の資産になるとか。
あと、災害があったり隣近所に嫌な奴がいても賃貸なら引っ越せるけれど、持ち家だとそうはいかないと。
結局賃貸も持ち家も一長一短で、比べてもどちらが優れているってのは、その人の価値観や住み方によるから、必ずどっちがいいってことはないんだよね。

で、そんな論争に割って入ろうとしている、新しいライフスタイルとして、今注目が集まっているのが定額制の住宅サービスなんだよ!!

賃貸でも持ち家でもないアドレスホッパーっていうみたい。

とうとう音楽や映画だけでなく、住宅もサブスクリプションになっちゃった!!

どんなサービスかというと、年会費払えば全国各地にある物件のどこでも住めるって感じらしい。
そんなに全国あちこちに住むことがあるのか?会社は通うの大変じゃないの?って思うよね。
わかるわかる。
でも、意外にも今企業のテレワーク導入が進んでどこでも仕事ができるようになっているから、こんなサービスが成り立つってわけ。
正に時代の流れに合ったビジネスって感じだよね。

どこにどんな家が?

で、サービス展開していくにあたり、どこにどんな家があるのかってのが、キーになってくるよね?
それが結構すごくてさ、北は北海道から南は現時点では宮崎までって感じみたい。

実際の家は、元は古民家とかで、それをリノベーションしてアメニティを使いたい放題にしたり、インターネット環境が整っていたりと、まるでホテルのような設備なんだよ。
ホテルに泊まるにしても、こんなに安い値段では無理だから、どうやってこんな値段を実現しているのかというと、これがまたすごい。
めっちゃ頭いい。
日本は今どこでも空き家や空き別荘をどうするか?って問題を、どこでも抱えているんだよね。
だからそれを活用したのが、このサービスってわけ。

使われていないで負の遺産になりえる空き家の上手な使い方だよ、目の付け所がすごい。
サービスの利用者にメリットを生むだけでなく、空き家を抱えている自治体もうれしいのは間違いない。

生活の変化が新たなアイディアを生む

決まった場所に住み、家と会社を往復する毎日だと、生活ってワンパターン化しちゃうよね?
新しいことをやろうって思っても、新しい刺激を受けるような場所を見つけるのが難しくて、中々新しいことなんてやれないって人は多いんじゃないかな?
これは今までの生活の仕方だとどうしようもないけれど、住宅サブスクリプションサービスを利用すれば、定期的に環境変わるから、新しいアイディアも生まれやすくなるんじゃないかな?
特に今は地道に作業なんてAIに任せてしまって、人は創造するのが仕事って流れになってきているから、創造するにはもってこいだよ。
ちょっと昔から流行っている、平日は都市部、休日は田舎という2拠点での2重生活を楽しむ人もいたから、それの進化版って感じ。
ライフスタイルも、時代によってどんどん変わるってのを具体化しているサービスだよ。

実際に利用するとどうだろう?

実際に利用しようと思ってサービスの詳細を調べてみると、結構利用にはハードルが高そうなんだよね。
1拠点につき7日までしかいられないらしく、そこが気に入っても長く住んでいられることができないみたい。
7日ってことは、ようやく住み始めて慣れてきたかもってくらいだよね。

お店の位置とかようやくわかり始めたところで、また引っ越しって感じ。
レオパレスみたいに、長く住むことも可能とかだったらまだいいのだろうけど。

7日で移動しないといけないから、その移動もコストに含まれるわけで、そう考えると結構割高か?

移動の度に家のクリーニングもしないといけないから、貸す方も手間暇かかるんじゃないのかね?
となると、現実的な利用方法となると、固定した住所を持ちつつ、週末とかに色々な場所での生活を楽しむって感じかな?
それだと、ちょっと割高な気もするけどな。。。

発想はいいけど、実生活とは結びつくか?

確かに、空き家という休眠資産を利用する発想はすごい。
このアイディアを思いついた人は、すごい。
win-winで、誰も損をしないように思える。
でも、いくらテレワークが認められていても、さすがに毎日テレワークってわけにはいかなくて、何日かは出勤しないとで。
そうなると、住める地域が限られるわけで、その地域に必ず空き家があるって保証もないし。
結果的に移動時間がかかるような場所に、実際のその地域の家賃よりも高いお金を払って住むことになる可能性もあるわけで。。。
そもそも学校に通うような子供がいる人は、こんなことできないから、確実に気楽なお一人様限定のサービスだよね。
住むところをコロコロと変えられるって、なんとなく悪いことをしちゃった人みたいで、その地域に定住している人に怪しまれそう。
はやるかな、住宅サブスクリプションサービス。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする